徒然のんびり飛行
アニメやラノベなどの感想を のんびりと書いていこうと思います。

<注意>このブログの記事は基本的にネタバレがあります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム00 セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」
gundum5

ソレスタルビーイングは反連邦組織カタロンの基地へとやってくる。
そこでマリナと沙慈を保護してもらうよう頼む。
カタロン側はソレスタルビーイングにアロウズとの共闘を申し込む。


トリロバイトを失ったことで指揮権がマネキン大佐にも戻る。
ミスターブシドーに指揮下に入るよう頼むが、
「断固断る、私は司令部より独自行動の免許を与えられている、
つまりはワンマンアーミー、たった一人の軍隊なのだよ」
と断る。やばい、少ししゃべるだけでこのハイセンス。

ピーリスはどうやら大佐の養子になるという話をうけようとしている模様。
大佐の家族関係では過去に何かあったようだ。

マリナは刹那にアザディスタンへ連れて行ってくれるよう頼む。
みんなもそれを了解する。
ここでもティエリアが丸くなった一面が。

沙慈はソレスタルビーイングもカタロンも嫌だと単身でていく。
しかし、連邦軍に見つかってしまう。
砂漠を軽装でうろついていたことからあやしまれるが、
大佐はその眼力から沙慈が戦闘員ではないことを見抜く。
沙慈はすべてを大佐に話すが、それを聞き耳を立てていた隊員が
アロウズに報告してしまう。

その情報によって、アロウズは基地の掃討作戦を決行。
オートマトンをキルモードで放ち、虐殺していく。
ここでもブシドーは「興が乗らんっ」と戦線離脱。
なんというワンマンアーミー。

ソレスタルビーイングがかけつけるも既に遅かった。
ピーリスも無差別な殺戮に疑問を覚えている様子。
沙慈は自分が話したことでこうなってしまいショックを受ける。

アザディスタンに到着したマリナと刹那。
しかし、そこには燃え盛る国の姿が。
そしてあの傭兵、サーシェスの操るガンダムがいた!

今回の話でなかなかにアロウズの暴虐な振る舞いが
描かれていました。アロウズは敵、という認識が強くなってきました。
それにしてもブシドーがしゃべるたびに名言がうまれていく(笑)
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chappier.blog7.fc2.com/tb.php/105-202088a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 第3話でアレルヤが収容されていた施設を考える。刹那の00が突っ込んだ時にピーリス達がいた所までえらい揺れてるんですよね。その癖壁...
2008/11/03(月) 02:15:56 | 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 ソレスタルビーイングとカタロンの代表による対話が始まった。ソレスタルビーイングに協力を求めるカタロン・・しかし、戦うべき敵の対象が違うことで、話し合いは平行線を辿る。そして・・・。
2008/11/03(月) 02:28:01 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第5話を見ました。第5話 故国燃ゆガンダム出現を利用して、ある計画を進める人物リボンズによる指示によって政府はアロウズの重要性を説いていた。「これは君の考え?」「さぁ、どっちかな?」「ともあれ、そろそろ僕達の出番となりそう...
2008/11/03(月) 17:53:48 | MAGI☆の日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。