徒然のんびり飛行
アニメやラノベなどの感想を のんびりと書いていこうと思います。

<注意>このブログの記事は基本的にネタバレがあります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム00 セカンドシーズン 第6話「傷痕」
サーシェスとの戦闘になるかのような終わり方だった前回ですが、
結局なにもなかったようです。

襲撃を受けたカタロンの基地をみて、
自分のしてしまったことのでかさを知る沙慈。

スメラギさんはその光景を見て、過去のことと重なり、
倒れてしまう。


ピーリスはこれが戦場、と認識し、さらに
大佐から来た暗号文からいかに自分が案じられているか知る。
そして、自分は戦闘をするために作られた超兵だと覚悟を決める。

王留美はイノベーターをあざむくためにネーナ・トリニティを派遣。
紅龍が兄だとわかる。
兄弟だったんですか。。執事的なポジションにしか見えなかったんだけど。。

スメラギさんとマネキン大佐が昔同僚だったこともわかる。
どちらも戦術予報士のポジションだったようだ。
友軍同士で誤って戦いあってしまったらしい。
そこでスメラギさんは大事な人を亡くしてしまう。
それが戦う理由なんでしょうか。

戦術がスメラギさんのものだと気づき始めたマネキン大佐。
ばれるのも時間の問題でしょうか。

ソレスタルビーイングはカタロンの移動を保護するため、
おとりとしてスメラギさん不在のまま出動。
そしてアロウズが現れる。

やはり戦術がないと苦戦を強いられるようだ。
アロウズは精鋭たちなのでてこずるマイスターたち。

ブシドーはやっぱり00との直接対決をご所望。

沙慈は手伝いたいと砲の操作装置をにぎる。
その狙う機体にはルイスが。
そんなことは知らない沙慈は果たしてそのトリガーを引くのか。。
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chappier.blog7.fc2.com/tb.php/113-71989035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 アロウズの攻撃により倒れるカタロンの兵士。今わの際につぶやかれた言葉に、スメラギは忌むべき過去を思い返し、気を失ってしまう。時を同じくして、リントから戦果報告を受けていたカティもまた、過剰ともいえた作戦に表情を?...
2008/11/11(火) 00:21:45 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
 カタロンについて語ろうん。  先ず使ってる兵器が脈絡とかなさすぎ。背後の関係とかそういうのが読めない時点でダウト。フラッグ・リア...
2008/11/11(火) 01:34:17 | 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。