徒然のんびり飛行
アニメやラノベなどの感想を のんびりと書いていこうと思います。

<注意>このブログの記事は基本的にネタバレがあります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブジアビス 第7話「孤立」
ザオ遺跡に入るルーク一行。
中ではアッシュがイオンにダアト式封咒を解かせていた。

ラルゴとシンクも現れ、戦闘に。
アッシュと斬り合いをはじめたルーク。
超振動とおもわれるもので崩れ始める遺跡。
アッシュたちはそのまま撤退していった。
そのとき、ナタリアの名前をきいて反応するラルゴ。

ルークたちも外へ避難。
イオンを奪還し、一同はケセドニアへ。

ここでガイは突然体がいうことをきかなくなり、
ルークを攻撃する。
イオンによると、それはカースロットという人を操る技だという。
シンクにつけられたというそれは導師にしか使えない技だった。
イオンはなにかを確信していく。

ゲオ峠へ向かう。
そこで、ルークはイオンをないがしろにする発言をしまくる。
本当に物語初期のルークの性格は悪いですね。
これ主人公?っていうくらい自己中です。

そこへリグレットが現れる。
彼女たちはスコアに依存しきったこの世界が嫌で
このような行動をおこしているという。
ティアに戻ってこいというが、
兄への不審が消えるまでは戻れないという。

フォミクリー技術を臭わせる発言をし、
ジェイドが珍しく激昂する。

ルークは周りの顰蹙を買う言葉を繰り返し、孤立していく。。
スポンサーサイト

テーマ:テイルズ オブ ジ アビス - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chappier.blog7.fc2.com/tb.php/115-a30ea00c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。