徒然のんびり飛行
アニメやラノベなどの感想を のんびりと書いていこうと思います。

<注意>このブログの記事は基本的にネタバレがあります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブジアビス 第10話「償いの帰還」
ルークたちはユリアシティの市長に会いに行く。
すると、アクゼリュスの崩落は起きるべくしておきた、
そうスコアによまれていたから、と市長は言う。
クローズドスコアと呼ばれ、詠師以上しか知らないことだという。
セントビナーが落ちることは読まれていない、
だから大丈夫と言い切る市長。
当然ルークとティアは憤る。

ティアとヴァンは崩落したホドの住人だった。
ヴァンが多くの人を殺してもかまわないといった計画を
たてていることをティアは知り、
それでルーク邸で刺し違えてでもヴァンをとめようとしたのだ。

ルークたちはユリアロードを通って外殻大地へ。
そこで待っていたガイ。
暖かい言葉に感動するルーク。素直にありがとうと言う。
ガイはそんな素直なルークの言動に衝撃を受ける。

洞窟の外に出ればジェイドが待っていた。
ナタリアとイオンが大詠師モースに軟禁されてしまった。
モースはアクゼリュスの崩落がマルクトのせいだとし、
スコアどおりに戦争を起こそうともくろんでいた。

ジェイドはルークに対してそっけない態度。
失った信頼を取り戻すのには時間がかかりそう。

ダアトへ向かい、アニスと合流。
ティアが報告のふりをすることで、中に入ることに成功。

ジェイドは今一度、ルークにその覚悟の程を問う。
それに対し、わかっていると答えたルーク。

敵兵に襲われ、覚悟を決めたルークは敵兵を斬る。
そして、ナタリアとイオンを救出。
一行はピオニー皇帝に会うことに決める。

やっぱり髪を切ってからのルークはいい。
うざさが抜けて主人公らしくなってきました。
次回はジェイドの過去の話のようですね。
スポンサーサイト

テーマ:テイルズ オブ ジ アビス - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chappier.blog7.fc2.com/tb.php/141-6cf460b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。