徒然のんびり飛行
アニメやラノベなどの感想を のんびりと書いていこうと思います。

<注意>このブログの記事は基本的にネタバレがあります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の塔 感想
太陽の塔 (新潮文庫)太陽の塔 (新潮文庫)
(2006/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る


なかなかに濃ゆいです。
京大で5回生をやってる主人公が水尾さんという女性に
ふられて、最初ストーカーとしか思えない行為をしています。
なぜ私のような者をふったのかを研究するといって
水尾さんの大量の研究レポートを作ります。

最初ほんと自信過剰のやばいストーカーの話かと思いました。
主人公もかなり濃いですが、まわりに登場する人物も
やばいくらいに濃いです。

すごい勢いで妄想しまくっています。
やばいです。

京都の細かい地名がいっぱいでてきます。
京都の地理をしっていたら、いろいろと頭に浮かべられておもしろいでしょう。

悲哀と馬鹿騒ぎと妄想がいっぱいつまった作品です。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chappier.blog7.fc2.com/tb.php/16-4b7150b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。