徒然のんびり飛行
アニメやラノベなどの感想を のんびりと書いていこうと思います。

<注意>このブログの記事は基本的にネタバレがあります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブジアビス 第13話「開戦」
崩壊が始まったセントビナー。
そこへピオニー皇帝が用意した飛空挺アルビオールがやってくる。
ディバイディングラインを超えると大陸は一気に加速して下に落ちてしまう。
ルークたちはアルビオールに乗り込み、救助に向かう。
なんとかギリギリ人々をアルビオールに乗せて飛び立つ。
なんとかならないのかと焦るルークをジェイドが叱る。
人をしかることは少ないジェイドが叱るということは気に入ってる証拠。
ジェイド焦るw

地上に戻ってみるとすでに開戦していた。
ヴァンの狙いは戦場を崩壊させることで人々を消すことだった。
戦争をとめようと2手に分かれる。

ジェイドたちのほうはマルクト皇帝にあいにいくが、
キムラスカが手を引かない限り、兵を引くことはできないといわれる。

ナタリアたちは司令のところへ出向き、停戦をよびかける。
しかしそこに現れたのはモース。
ナタリアは偽の姫だといい、捕らえられてしまう。

ナタリアはメリルと呼ばれ、
自決を迫られる。
そこにティアたちがきて助かる。

王のもとへいくと、そこにはまたモース。
乳母が本物のナタリアは死産だった、
王妃がとても気落ちしているので子供を摩り替えたと証言。
ナタリアの本当の名はメリルだった。
王の口からも2人の死を持ってマルクトへの開戦の口実とするといわれてしまう。
今まで父と慕っていた人からのまさかの宣告。
つらすぎです。

そして現れるディスト、ラルゴ。

そこにアッシュ登場。
アッシュがティアたちを牢からだしてくれていた。
この場はアッシュに任せ、ルークたちは脱出。

外にも兵士がいっぱいいたが、住民に守られる。
偽の姫だとしても、おれたちに職をくれたのはナタリア様だ、と
全力でかばってくれる。
ナタリア信頼されてますね。

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

テーマ:テイルズ オブ ジ アビス - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chappier.blog7.fc2.com/tb.php/160-46064af8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
三国志大戦のアニメ化ですか(違っ! こんなネタが思いつつも1回もプレイしたことない私w そして今回はナタリア回。 ではテイルズオブジア...
2008/12/22(月) 17:21:32 | ラピスラズリに願いを
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。