徒然のんびり飛行
アニメやラノベなどの感想を のんびりと書いていこうと思います。

<注意>このブログの記事は基本的にネタバレがあります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ! 6
とらドラ! 6 (6) (電撃文庫 た 20-9)とらドラ! 6 (6) (電撃文庫 た 20-9)
(2007/12/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

~あらすじ~
文化祭後、北村は沈んでいた。
そして迫る生徒会選挙。
北村は生徒会選挙には出ないと叫んで出て行った。
そして次の日、そこには金髪に染めたグレた北村が。
理由は生徒会にあるようだが、その詳細はわからない。
北村の家に言ってみるが北村はいない。
竜児は家に帰るとそこには探していた北村がいた。
家出してきたのだという。
そこへ大河も現れる。

黒染めしようとしたら北村は暴れてほっといてくれといい、
竜児はぶちぎれた。
しかし、やっぱり心配せずにはいられない。

そして大河と竜児が立てた作戦は
本当は北村は生徒会選挙に出たいはずだから、
出なければならないようプレッシャーをかけるために
大河が立候補して暗黒に染め上げると宣言した。

しかし、それでも北村はがんと拒否している。
そこへ竜児のもとに生徒会の村瀬君から電話がかかってくる。
そこで北村がグレた理由を知った竜児。
怒って殴りに走っていくと、途中でぼっこぼこにされた
北村に会う。親父にボコボコにされたらしい。
そこで北村の話を聞く。

そして選挙に出ることにした北村。
最後のプッシュをした狩野すみれ。

そして選挙演説で全校生徒の前で
すみれへ告白する北村。
すみれはそれをうまくスルーする。

ちゃんとした返事をしないすみれにぶちぎれた大河は
木刀を持って押し入る。
殴り合いの中で完璧無欠にみえるすみれも
18のガキでしかないことに気づく竜児。
そして心の整理がついたらしい北村。

大河は停学処分に。

~感想~
北村がメインの回です。
グレちゃいます。
亜美が悟りキャラになっているような。。
最後の実乃梨への言葉からも悟りきってることが読み取れそう。
最後らへんのくだりから考えると、
実乃梨は竜児を好きになってるのだろうか。
しかし、大河のことを考えて。。。ということ?

時間を見つけて7巻を読み進めていきたい。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chappier.blog7.fc2.com/tb.php/31-57b9a918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。